阪神タイガース応援チャンネルに生まれ変わります! なんコラはアメーバブログに引っ越します。 宜しく!


by ukyouhanagata

<   2007年 08月 ( 74 )   > この月の画像一覧

8月はどうしても戦争ものの新作ドラマ多いし、CSでは旧作がいくつもオンエアされた。
戦争はいけないとか許せないとかここでことさらに書く気はないけれど、見てて感じたそれ以外の事をいくつか記したい。

●貴様とお前
相手を呼ぶのにこの貴様とお前の違いはなんだろう?
現代では貴様などという呼び方はなく死語のようなものだが、貴様とお前・・どちらも同等か身分の下の者に使われてる言葉だ。時代劇などでは完全に貴様は相手を蔑む呼び方だが、戦争ものでは友のような間柄でも使われている。
お前も貴様も語源とすれば最初は最初は相手を敬う呼び方だったじゃないかと推理する。御前がはじめだと思うし、貴様なんて貴族の貴に様まで付けてるのだ最初から蔑んだり同等の相手に使われてたとは思えない。どこでどう変化していったのかも興味を持った。
●女優レス
戦争ものの中、兵隊中心に描かれるとどうしても女優がいなかったりするのが見てて寂しい・・。
今月90年製作の大作ドラマ「戦艦大和」再見したが、ほとんど艦の中の話続くんで出てくるのは男ばっか!(><)女優は出てても森光さんとか兵隊の母親役だけで若手0!(>@<)
他の作品も軍を中心に描くとどうしても女優さんの出番は少ない・・。今月は見てないが、かつて見た映画「戦場のメリークリスマス」なんてひとりもいなかった!
ま、あの映画は反戦ものと言うよりホモセクシャルなテーマの映画だったんで、女優レスは狙いでもあったのだろうが・・。
でも戦争ものではない時代劇で気づいたら女優のいない映画もあった・・「千利休・本覚坊遺文」あれは映画館出る時に寂しかった記憶あります(^^。)。
やっぱり花添える女優いないと映画もドラマも寂しいですね!
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-31 16:03 | 日記

世の中灰色・・

Excite エキサイト : 芸能ニュース
高砂帰ってきちゃったよ・・?
なんで?
チャバン?
さくらパパ・・どこぞの元・局長・・。
??なニュースばかり・・
世の中は灰色か?
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-31 10:26 | ニュース

血税橋

富山の某新聞HPからのコピペです。
【おわら風の盆の開幕を二日後に控えた三十日午前、富山市八尾町の井田川に架かる「坂のまち大橋」の開通式が同町福島で行われ、関係者約六十人が「おわらの里」に誕生した新名所の完成を祝った。

 橋は全長百四メートル、幅二十メートルで、井田川を挟んで八尾町福島と同町上井田新を結ぶ。おわら歌に詠まれている「揺らぐつり橋」をイメージした斜張橋で、四カ所の親柱には編みがさをかぶった踊り手を彫り込んでいる。市が旧八尾町時代の平成十二年度から整備し、事業費は十六億四千万円。〔記事全文〕】

やっぱおわらに間に合わせたのね(苦笑)。
これ家からすぐの場所です。
でもそんなに便利になるわけでも必要と思われる場所の橋でもありません。
この橋作るために川のまわりもかなり整備されましたが、昔の自然な光景が懐かしくなります。
十六億かかったのかぁ・・(溜息・・)。
税金、他に使い様あったんじゃないかと思うのはボクだけではないでしょう・・。
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-30 20:45 | 富山

天涯孤独

ボクは正確には天涯孤独と言えないだろう。
妹いれば親戚もいる。
けれどいろんな事あって、つきあいは年賀状くらい。
身内のことはこれ以上書かないけれど・・ボクはとにかく母が亡くなってからとにかくひとりで生きてきた・・。
よくがんばってきてると思う。思わないとやっていけない・・。
金なく友は遠く愛する人もなく・・なかなか仕事も何故か定着できず・・だからいつも経済苦しく、結婚相手も真剣に探せない・・。
時々ウツになりながら・・でもボクは生きてきた。今も話がしたい!と寂しさにふるえる夜もある・・。
天涯孤独なヒーローに憧れてたけど。、本物の孤独になってわかる・・。
人間、孤独ほどつらいものはない・・。
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-30 06:32 | 日記

あれから・・

あれから七年
これでも、なんとか必死で孤立無援の中をひとりで生きてきました。
武田鉄矢さんやたけしさんが母親の話して泣き出すのをテレビで見てなんで泣くんだろ?と思ってた・・。
男が泣くなよと思った・・。
母が病に倒れて涙の意味を知り、母が旅立ってしまってその気持ちがよくよ~~くよ~くわかった・・。心の中の空洞・・。ポッカリ空いたその穴の大きさは計り知れず・・葬式などの後、親戚たちが帰ってとうとうひとりになった時どれだけ泣いたかわからない・・。
母の存在の大きさは・・例えれば1000万人分の応援団だろうか?
1000万人分の応援団を亡くして七年。
ひとりで必死でこらえて生きてきたけれど、まだ春は遠い。
天国の母を安心させるためにも幸せになりたい!
母の命日。
あれから七年・・
それでもボクはひとりで必死に生きてきたと思う・・。
誰も誉めてくれないから自分で誉めよう・・。
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-30 06:22 | 日記

ありがとう

明日は母の命日。
今も悲しくなってしまうけれど・・なんだかすべてに優しくなれる気がした一日だった。
自分に車にありがとう。
いつも自分を仕事場やいろんな所に運んでくれてありがとう。
仕事道具たちにも、仕事場の人たちにも、お客様にも、商品にも・・みんなみんなありがとう!
トイレでも「栄養になってくれてありがとう」
ニャンコにいつも心癒してくれてありがとう。
スカパー!TVなどにもありがとう!
タイガースにもありがとう!
PCにもありがとう!
ネット仲間の皆さんもありがとう!!
食べ物たちもありがとう(^^)。
我が家の御本尊様に感謝!感謝!

そして母さんありがとう!
なんとか頑張ってるからさ。母さん・・たまには夢でいいからなんか話しようよ・・。
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-29 21:22 | 日記

引分け・・

Excite エキサイト : スポーツニュース
長い試合でこまった・・。
勝てなかったから疲れが残る・・。
4時間半は長い!
終わってからなんにもできない・・寝るしかない。
長くても勝ったならなんとか気分よく寝られるのに・・。

4引き分けになった・・。
この引分け数を有利と思おう。
勝率で順位が決まるわけだから・・。
けどね、プレーオフ制だからここで細かい計算してもつまんないんだよね・・。

ま、とにかくプレーオフ進出3チームは決まった。
後はその順位だけ。
もうシーズン止めてプレーオフやってくれよ・・な気分です・・。
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-29 06:45 | 野球・スポーツ

月食幻想

Excite エキサイト : 社会ニュース
富山は曇りで月食は見られなかったが・・、世の中は月食のようにくらい気がする・・。
連日報道される殺人事件・・。
動機や方法が酷すぎる!
警察官の犯罪もまた・・。暗澹たる気持ちになる。
殺人事件はドラマなどだけでいい・・。

これはどこかに猛暑が続いたせいもあるのかな?と思ってしまう・・。
最近、富山は朝晩めっきり涼しくなって風邪ひく人も多いみたいだが、網戸にして寝てると鈴虫たちの合唱がうるさいと感じてしまう中、うちのニャンコはボクの足に顔乗っけて寝るようになった・・。猛暑中はくっつくのを嫌ってたから、この子も涼しさ感じてきてるのだろう。

しかし、毎朝いらつく事がある・・。
最近カキコミやコメント少ないのに毎日迷惑メールだけはたっぷり来てるのだ!
その数100を越えている・・。
一発削除するもののこれも「月食幻想」としようか・・。

なんとなく気鬱?
明日が母の命日だからかもしれない・・。
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-29 06:19 | 日記

お金がない!(><)

やばいぞ~!
お金がないぞ~!!
苦しいぞ~!

お助けあれ~!(なんつって)

ここをどう乗り切るか・・。

しかし、こんな生活もういや!

なんとか少しは余裕のある生活したいよ~!
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-28 18:08 | 日記

越中座

http://www.hot-staff.co.jp/sinosuke/
志の輔師匠が中心となって毎年富山出の芸人だけ集めて舞台してるのが「越中座」。
とは言え全国的に有名なんは師匠だけで・・(--;
後は東京ボーイズの仲八郎さんがなんとか知られてるくらいなもんで、芸人とは言えネタとか持ってるわけではない柴田も毎年なにがしか仕込んで舞台に立ってるわけだけど・・。

きょう、富山では放送あったので見たのですが・・

仲さんの時事ネタ、政治家たちのものまねはホントいい味です。
柴田は今回は講談に挑戦してましたが、何故か遠山の金さんの姉の銀さんが、現代の事件を裁くと言うお話やってたのだけど、放送できない過激な内容ということでお白州の場面はオールカット!あいつはどんなネタにしたんだ!?

師匠は「碧の窓口」と言う創作落語。
富山弁の落語で大いに笑わせてもらいました。
志の輔師匠の落語・・もっと見たい!
テレビでもやってほしいし、いつか生で見たいものです!
[PR]
by ukyouhanagata | 2007-08-27 20:55 | 日記