阪神タイガース応援チャンネルに生まれ変わります! なんコラはアメーバブログに引っ越します。 宜しく!


by ukyouhanagata

<   2010年 03月 ( 138 )   > この月の画像一覧

雨中の勝利

アニキ、
ほとんど片手でホームラン打ってるよ。相変わらずすごいやっちゃ。
打線
後は新井やな。
久保はもひとつやったこけど今年もリリーフはしっかりしている。
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-31 23:07 | 日記

富山育ちの燕が飛ぶ

ヤクルト、ドラ1の中沢投手
開幕4戦目にしてプロ入り初登板が先発で初勝利!
めでたい(^ー^)。
え?
なんで阪神ファンのボクがヤクルトの選手の初勝利をめでたがる?
中沢はノンプロからのプロ入りだけど
出身は富山!
ボクの友人やかつて恋した人の母校でもある富山商業、トミショウのOB。
富山には芸能界もスポーツ界もスターが少ない。
中沢にはぜひ頑張ってもらいたいんです。
もちろん阪神戦以外でね。
トミショウOBには最近、人気上昇中のハイキングウォーキングのツッコミ、松田くんもいる。
松田くん共々中沢を注目していきたい。
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-31 11:42 | 富山

春告鳥は歌うけど

3月31日
午前6時少し前
今年もうぐいすが歌い始めた。
春告鳥とも書くうぐいす。
この声聞くとなんとなく嬉しくもなってくるけど、まだ富山は寒い。
うぐいす君もまだ慣れてないみたいで
ホ〜ホケキョキョとか変な鳴き方してるけどね。
早くこの声が似合う暖かさになればいいね。
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-31 06:32 | 日記

頼んまっせ、助っ人たち

タイガース
今年の助っ人は頼りになるかも?
ブラゼルが7番にいる打線は怖いはず。
マートンはまだ信用できんけどね。
メッセンジャーは大丈夫みたいだ。
頼んまっせ!
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-30 22:01 | 日記

C.C.レモンの新CM

なにやってるの?
神戸くん(^-^;
瀬戸内さんと一緒にって
神戸くんと
瀬戸内さんは
面識ないか

※「相棒」知らない人に
神戸くんイコール
ミッチーこと及川光博
瀬戸内さんイコール
津川雅彦さん
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-30 21:27 | 日記
やっと相本さんの
民主党からの参議院立候補が決まった。
なんだかんだチャチャ入れてた社民党がやっと折れた形だけど
ボクは民主党指示は全くしてないけども
もう民主党にとって社民党と国民新党は何より仕分けしたいもんなんじゃなかろうか?
仮名とか酷いしね。
富山は未だ自民党強いのに、これだけ出遅れたら
相本さんはヤバイよね。
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-30 21:15 | 日記
映画化の話はどうなったんかわからない「ーJINー仁」だけど、原作漫画はとうとう龍馬を助けられなかった。
龍馬を助けることがタイムスリップした理由だと頑張った仁だったけど、一週間命を延ばしただけで終わった。
歴史を大きくは返られなかった仁は
沖田の結核治療してたり、撃たれた近藤を手術したり
新選組に関わってた。
仁はこれからどこへ行くんだろうね?
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-30 20:28 | 日記
ゴジラのハリウッドリメイクが発表されたそうな。
98年のローランド・エメリッヒ監督版はハッキリ言って失敗作だったから、今度は大丈夫か、心配なんだよね。
ゴジラをエメリッヒは理解していなかった。
欧米人は怪獣をわからない。
モンスターでしかないからね。
キングコングも怪獣ではなくモンスター。
生物でしかない。
怪獣は生物を越えた存在というのが欧米人にはわからないと感じた。
マグロ食ってちゃダメなんだよ、怪獣は。
ただ
98年版でも最初は監督候補に揚がってたティム・バートンならゴジラを描けるかもしれない。
彼に今度こそ、やってほしい。
その時は志村喬さん演じた博士はジャック・ニコルソン
平田昭彦さん演じた博士はジョニー・デップでと
54年のオリジナル完全リメイクでやってほしいね。
ま、ティムなら一筋縄ではいかないのは覚悟しなくちゃならなくはなるけどね。
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-30 19:17 | 日記

ゲゲゲの女房視聴す

初回視聴率は
やっぱ時間移動が浸透してなかったと見えて朝ドラ史上最低となったんだね。
時間移動が認知されたら上がってくるかどうかだね。
今日は休みなんで見てみた。
やっぱめざまし見てからチャンネル替えたら即始まるというのは見やすいと感じた。
朝ドラは視聴率低くとも次々と若手女優をスターにしている。
いつも見ていなくても情報は気になるんだよね。
ドラマはまだ子役なんで、なんとも言えないけど、アニメ合成でいろんな妖怪を教えてくれそうだ。
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-30 16:26 | 日記

第三の男

午前10時の映画祭にて鑑賞。
1949年の製作だけに16対9のワイド型ではなく4対3のスクリーンなのが残念ではあったし、サスペンスの名作とされる映画も近年の演出に慣れた身としてはどうしてもストーリー展開がゆっくりに見えて眠くなってしまったけれど、白黒画面ながらもその映像は流麗で一枚の絵画が動いてる感があるのは流石だと唸らせてもらえる。映画史の中でも五本の指に挙げられる天才とは誰もが認めるものの不遇な人生を送ったオーソン・ウェルズが俳優としてのみ参加してるが、脚本にはなくウェルズが考え出したという名台詞「スイス五百年の平和と民主主義がなにを生んだ?クック・クロック、鳩時計だけさ」は当時としては強烈な台詞だったのだろうけど、今聞くと平凡に過ぎないのが残念と感じるね。
しかし
ラストシーンは確かに映画史上の名シーンだ!
この長回しのシーンはホント〜〜に美しいし、映画の品格をグググッと上げている。
このシーン、脚本では別なENDが予定されてたのを変更したものらしいが、この方が味わい深いし、大正解だったと思う。
この映画が名作と言われる由縁もこのラストにあるだろう。
やっぱり映画は劇場で見ないとね。

しかし
マナーのない夫婦と思われる老人ふたりが時々喋ってるのが悲しかった。
年寄りは困ったもんだわ。
また劇場には欧米と思われる外国人がいた。
こういう人にも
午前10時の映画祭は役立っているんだね。
[PR]
by ukyouhanagata | 2010-03-30 13:16 | 日記